10月例会報告 福祉委員会担当

日時:10月18日(水)18:45~
場所:プラザヴェルデ401
参加者:59名

         「関わり方は一つじゃない!」  ~バリアフリーで考える障がい者~
●パネラー:
・水田氏((株)トライカンパニー)・藤原氏((株)日本ベルト工業)・小林氏(東和自動車販売商会)・田村氏(田村商会)・海野氏(うみの塗装)・加藤氏((有)加藤忠男)・金指氏((株)オートベル)
●コーディネーター:越膳((有)イーリード)

今回はパネルディスカッション形式にて行いました。
障がい者について、雇用ありきでなく様々な視点、意見、経験から関わり方を考えたい為、様々な立場の方々7名のパネラーに登壇して頂きました。
パネルディスカッションの様子

雇用中、雇用していた、雇用経験なし、挑戦中などから雇用以外の関わり、まったく関わり無しなど・・・
各々がそれぞれの立場や事業特性を踏まえた上で障がい者についての話を、コーディネーターとの対話方式で進めていきました。
また、養護施設出身者やニート・引きこもりなど社会的就労困難者と言われる人たちも含めて、関わり方について事例を交えた発信を行いました。

バズセッションは8つのグループに分かれて行いました。テーマは「あなたに何が出来そうですか?」。
会場の様子

ゲスト参加頂いた特別支援学校進路指導担当の先生方8名が全てのグループに入り、教育側の視点・意見も織り交ざったバズセッションとなりました。経営者・先生方、双方にとって学びと情報収集・共有の多い、熱いセッションでした。
会場の様子2

グループ発表では案の定、バラエティーに富んだ感想・意見が出て、バズセッションが活況であったことを物語っていたと思います。
同時に、参加者の多くにとって身近な事でありながらも新しい課題に触れた瞬間でもあったのではないでしょうか。
「見学や実習の受け入れから始めてみよう」という声が複数から上がったのは一つの成果かもしれません。
グループ発表者の方々

総人口の約7%にあたる人たちが何らかの障がいを持っています。
身体、精神の2障がいについては障がい者人口の7割を占め、その内の実に約9割が18歳以降に発症しているという現実・・・。
私たちもいつ障がいを持つのか分かりませんし、他人事ではないのです。
障がい者も人です。
人間尊重の経営は同友会のポリシーです。
良い会社とは?  良い経営者とは?  良い経営環境とは?
同友会3つの目的の達成には、障がい者たちとの共存共生は欠かせないプロセスの一つではないでしょうか。

あらためて福祉委員会メンバーはもちろん、例会に関わって下さった全ての方々に感謝です。
今回の例会はいくつかのチャレンジがありました。
・リハーサル無し(自然な会話の中から発信される本音の魅力)
・パネルディスカッション形式
・タイムスケジュールのアレンジ
・片付けをスムーズに
・お茶のサイズダウン(飲み残し防止)
片付けについて、あらかじめ責任者を決め、各グループから1名の片付け係りを選出してもらい、更には片付け係り以外の人全ては早々に退室を促した結果、なんと5分で完了したのです!
より濃い、会員の為になる例会にすべく、報告・バズ・発表に時間をかける為に良いチャレンジが出来たとおもっています。
ご協力有難うございました!

寄稿:(有)イーリード 越膳
コーディネートする越膳さん

10月度 広報委員会(企業訪問)

10月8日
(有)寺下技研工業所 小柴氏
参加人数 8名

 NC旋盤をはじめ、多くの金属加工機械を説明して頂き、
全員非常に勉強になりました。本当にありがとうございました。
20171012_190250.jpg

20171012_190321.jpg
 時代の変遷に合わせ業態を変化させ現在に至るまでのお話をユーモアを交え楽しく
話して頂き非常に参考になりました。
20171012_191024.jpg
(人材確保・育成)(従業員とのコミュニケーション)(将来の工場拡張計画)etc
話が盛り上がり充実した1日となりました。
20171012_193938.jpg

報告
殿岡服飾工業株式会社
代表取締役 殿岡啓行

福祉委員会報告 10月号(担当例会準備)

開催場所:サンウェル沼津 3階フリースペース  2017/10/10 19:00~21:00
参 加 者 :13名
岩崎、海野、越膳、加藤、菅野、小林、笹沼、田中、田村、松田、藤原、水田、金指

10月の福祉員会を開催しました。内容は、前回に引きつづき10月担当例会の打ち合わせです。
201710-fukusi-01.jpg

今回も例会のパネーラーを中心に13名が集まり、当日の流れや役割分担の確認を中心にミーティングを進めました。
201710-fukusi-02.jpg

リハーサルは、あえて行いませんでした。なぜ、リハーサルを行わなかったのか?それは、ぶっつけ本番で臨むからです!例会を臨場感緊張感・迫力ある場にするために、敢えて台本は用意せず、筋書なしの熱いディスカッションを交わします。本番では、どのような展開になるのか、ドキドキしながら参加ください!じつは運営する私たちもドキドキです!
お楽しみに!!

報告
株式会社オートベル
金指 忠男

10月共育委員会報告

日時:2017年10月12日(木)19:00~21:00
場所:株式会社 静岡茶通亭

 今回は企業訪問で、お茶の加工、問屋業をメインとする静岡茶通停様にお伺いし、社長の植松崇宏様からお話をお伺いするとともに、工場見学をさせて頂きました。
201710-kyouiku01.jpg

 創業は1909年、現社長である植松崇宏様は4代目となります。売上面では8割を仏事用ギフト商品が占めており、仕入面では6割~7割が鹿児島産で残りが静岡産だそうです。
 売上面で多くなっている仏事用ギフト商品の開発は20年前に先代が高齢化対応として取り組んだことが始まりとなっており、海苔の有名ブランドを持つ山形屋との抱き合わせ商品を開発したことが市場に受け入れられ、売上が倍増、工場も拡大移転したそうです。
 仕入面では、味が濃く香り高い静岡産だけでなく、香りは薄いが甘い鹿児島産のものを先代から良く仕入れ、ブレンドしているそうです。鹿児島からも仕入れている主な理由は味ですが、製法の違い、後継者有無の違い、仕入れ方法の違いの話もあり、リスク分散されているということでした。
201710-kyouiku02.jpg

 5年半前に、上記のようなご活躍をされてきた先代がお亡くなりになり、植松崇宏様は29歳の若さで社長となりました。先代の不治の病が発覚してから2年の準備期間を得ながら事業承継されました。それでも就任直後は何もしなくても会社は回っていけていたこともあり、何も出来なかったそうです。
201710-kyouiku03.jpg

 その後、工場長が多くの意思決定を行い、多くの部下が育っていない状況に気づいたそうです。そこで、誰がいなくなっても困らないように、人が育つ組織を目指して組織改革を行いました。工場長には肩書はそのままに営業職へついて頂き、工場側には2名の課長を配置し、成長を促したそうです。今では2名の課長もご活躍だそうです。
201710-kyouiku04.jpg

 今後の中長期的な課題としては、国内のお茶需要の低下傾向、仏事自体の簡素化に伴う売上低下傾向に対応していくことで、新商品を開発中だそうです。楽しみですね!

文責
中小企業診断士 浅田博彦

政策委員会 10月号

サンウエル沼津 3階 可動仕切り会議室
19:00~21:00
参加者 9名

12月担当例会の内容を中心に打ち合わせしました。
静岡県の副知事「土屋氏」をお招きしての講師例会になります。
201710-seisaku01.jpg

静岡県東部地区(特に伊豆半島)の活性化の特命を受け3人目の
副知事となり、オリンピックに向けてインフラなどの整備事業を
手がけています。
201710-seisaku02.jpg

特別な時間配分の例会になりそうです。
また、せっかくですから東部地区の各支部にも案内してより多くの
同友会会員に話を聞いて貰いたいと考えています。
12月例会楽しみにしてください。

報告
ダイビングスクール エンジェルマリン
代表 小林秀樹

10月企画委員会報告

日 時 平成29年10月11日(水)19:00~21:00
場 所 ㈱藤田建設 
参加者 4名(實石、笹沼、藤田、日吉)敬称略

企画委員会の11月から3月までの予定の確認及び修正について打合せを行うとともに
例会報告者支援として報告者のその後の進捗状況を確認しました。
201710-kikaku01_2017101220173066a.jpg

今回は企業訪問で㈱藤田建設様にお邪魔しました。
社長の藤田直子さんは一昨年の4月に社長交代により就任しゼネコン体質からの脱却と原点回帰で会社の経営を大きく方向転換するとともに今年7月にはショールームを会社の敷地内に新設しました。
オープニングイベントには200人を超える来場者で大盛況でしたとのことです。
201710-kikaku03_2017101220173215b.jpg

自然素材の家づくりをメインにした住宅販売を展開しており好評を博しております。
社長自身がアレルギー体質なので自然素材の良さは社長自ら自然素材の家を見学、体験し
素材を吟味してからだにもお金にもやさしい「自然素材の家」を販売しています。
201710-kikaku02_201710122017313b1.jpg

社長交代後の1年半で失敗から成功になったことやマイナス要因が結果的にプラスに繋がったことなど社長を取りまく様々な環境が「スマイルスタジオ」のように笑顔に満ち溢れており今後が楽しみな会社と感じました。

文責
宣伝工房舎 日吉龍彦

組織委員会 10月度(会社訪問)

開催日時  2017年10月3日 (火) 19:00~21:00
開催場所  株式会社伊藤工業 社屋
参加者   石澤 伊藤 齋藤 菅沼 高島 田中 露木 長岡 中村 和田 金子(11名 敬称略)

まずは会員増強が一進一退の状況の説明、11以降の委員会スケジュール調整確認を行いました。
写真1
(株)伊藤工業 伊藤さんの会社にお邪魔しました。
201710-sosiki写真1

伊藤さんの報告
16歳から社会に出て仕事やプライベートで人生経験を積み25歳で伊藤工業を創業、今年で10周年を迎える青年実業家、今年お大諏訪に社屋を移転、1億円以上の設備投資で3Dレーザー機を導入、そんな彼も2児の娘を持つシングルイクメンパパさん、今後目が離せないやり手の登場に皆さん興味しんしんです。

写真2
工場内を見学させていただき時間も迫ってきた所で一言づつ感想を頂き解散致しました。皆様ご苦労様です。
201710-sosiki写真2

報告者 組織委員会
(株)BuildEast 石澤浩一
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
   検索システム   支援システム   入会案内
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

静岡県中小企業家同友会 沼津支部

Author:静岡県中小企業家同友会 沼津支部

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
月別アーカイブ