9月政策委員会報告 (With 沼津高専)

教育機関(沼津高専)との懇談会:2018/9/6(木)18:00~20:00 プラザヴェルデ201会議室
出席者 同友会15名
    沼津高専4名(電気電子工学科 望月孔二教授、制御情報工学科 長縄一智教授及、
           山崎悟史准教授、八木総務課長)
沼津市 産業振興部商工振興課 2名

今年あらたな取り組みを教育機関との懇談会として、独立行政法人国立高等専門学校機構沼津工業高等専門学校(以下沼津高専)の先生方をお招きして開催しました。

今年の政策委員会は中小企業振興条例をテーマにしていますが、条例では第9条教育機関等の役割として「教育活動を通じて、地域経済や市民生活における中小企業の役割について理解が深まるよう努める」とあり、このことで中小企業を支援するとあります。

地域から優秀な人材を得て育成し、新しい技術を活用し、事業を継続・拡張しまた新規事業に乗り出そうとするわれわれ中小企業ですが、優秀な人材を輩出し、また技術連携や支援を通じて、地域へ貢献している地元教育機関と、連携やコミュニケーションがとれているのでしょうか、価値観は共有できているのでしょうか、なにより私たちが教育機関の活動を理解しているのでしょうか。そこで、「人材」と「技術」について、意見交換してみようということになったものです。

はじめに沼津高専より長縄一智教授(制御情報工学科)、望月孔二教授(電気電子工学科)、及び山崎悟史准教授(制御情報工学科)から、高専の取組みの紹介(キャリア教育と就職、インターンシップ、地域連携)として3つのプレゼンがありました。
同友会からは水田副支部長が講話文をよせてくださり(というのは残念ながら欠席)中小企業の人材と技術に対する思いをお伝えしました。

 意見交換では時間一杯多くの事が話し合われました。同友会側からも多くのモノづくりの現場の思い、将来の人材への期待や教育の現場への要望など発言がありました。沼津高専先生方から、ひとつひとつ丁寧に、説明、思い、感じている事などお話しくださいました。参加者の持ち帰ったものは非常に多かったと思います。

 ここですべてを記載することはとてもできませんが、何点かお伝えします。

1. 高専の教育や研究の幅は広い
 会員から、大手企業は組み合わせ技術で中小企業は作り込みで(あるいは摺り合わせで)勝負しているという意見がありました。だから、現場のワザの部分を大事にしてほしい、そういう技術を大切にすることで、地域で活躍している中小企業を知ってほしいという意見もありました。そうしたところ、先生方から「高専は実習・実験などモノづくりを大切にしている学校です」とのコメントがありました。実際に即した技術をきちんと教えてくださっており、社会に出てそれが役立っていると実感する学生も多いとのこと。なお、高専で行われている授業について、その概要項目と、履修により習得できることの一覧(シラバスといいい、高専のウェブの中から見られるそうです。)があることを教えていただきました。

2. 高専の相談の窓口は広い
 どんな相談でも、まずは「技術相談」へ。初回は無料。専門的な事から基礎的な事でも、高専教員で対応可能な案件であれば検討して頂ける。
 国や教育機関の支援というと、どうしても専門的なピースが足りないところを補う事ばかりと思っていましたが、そうではないようです。問題解決に一人で悩まず、異分野への興味をあきらめることなく、そして流動的でありたい人材の活用と、技術的な困りごとは少なくないですよね。技術的に解決すべきことは多いと思いますが、幅広く活用できそうです。

3. われわれも情報交換や情報発信を広く継続的に
 われわれも情報交換や情報発信できるネタは多そうです。そして、それは学生にも届きそうです。
学生採用活動に関して先生からは、「積極的に情報を出してほしい。特に採用を検討する会社はインターンシップや採用の情報を粘り強く発信してほしい。まずは就職指導教員に会社の特長を伝えることが第一歩。また、学生間のネットワークは強力。インターンシップなど企業と直接接した学生の情報は、ほかの学生に伝わっており、募集する動機のひとつになることがある。」とのこと。
また技術に関しては、中小企業は最先端の技術開発を行っているわけではないかもしれないが、世の中の変化に伴い中小企業が変革しようとして得ようとする技術は、世の中に必要な技術であるはず。そうした技術を中小企業こそ感じる力があるとするならば、地域の教育機関と共有することが地域の技術を振興し、ひるがえって地域の中小企業を振興することになるのではないのでしょうか。

冒頭に書いた通り、教育機関は中小企業振興の役割をになう大切な組織です。そして私たちが積極的に関与すればするほど、それは私たちが技術や人材で地域に貢献できるメリットとして活かされるものと感じました。
この懇親会は今回限りとせず、これからも続けていきたいと強く感じました。
                                                                      以上
文責:坂東エネルギー・環境研究所 坂東誠 氏

福祉委員会報告 9月号(担当例会準備)

9月福祉委員会   2018/9/11 19:00~21:00
開催場所:サンウェル沼津 3階中会議室

参加者:11名:岩崎、越膳、加藤、菅野、栗田、小林、田村、中村、西田、松田、金指

9月の福祉員会を開催しました。内容は、9月担当例会の最終打ち合わせです。
委員会の様子

11名が集まり、発表内容、当日の流れや役割分担の確認を中心にミーティングを進めました。
報告者の栗田さん

リハーサルでは、様々なアドバイスや意見が飛び交いました。そのアドバイスをきっかけに発表者の栗田さんから次から次へと新しい話題やアイデアがあふれ出してきました。
語りますね

参加された方々

本番ではちょっとした健康診断の実演もあります。どのような展開になるのか、ウキウキしながら参加ください!お楽しみに!!

寄稿
オートベル 金指 氏

組織&広報 合同委員会 (全県フォーラムのリハーサル)

開催日:平成30年9月13日(木)19:00~21:00
会場:サンウェル沼津3階
参加者:上野、金子、望月、齊藤周、市川、田中、露木、中村、和田、赤堀
    齋藤慎、小柴、羽野、堀内、水口、山田、大場(敬称略)計17名

 今回は、平成30年11月7日(水)開催される全県フォーラム第5分科会
報告者である、エスティーエス㈱の上野祥行氏の第1回リハーサルが行われました。
報告者の上野さんを囲んで

事業承継!先代からの経営体質の変革への挑戦!と題して60分の発表。
会社の転機、義父との関係、人との繋がり、従業員との関わり方とさまざまの内容でした。
発表後は良かった面、またはもっと重要視したら良いのではないかという、いろいろな意見及び指摘が出されました。
リハーサルに集まって下さった皆さん」

発表以外の会話では、発表の中に取り入れればという内容が多くあり、次回のリハーサルでは、その内容を組み込まれることを期待したいと思う合同委員会でした。
色々な経験の持ち主が集まりました。

投稿者
㈱文豪社 大場豪文 氏

9月度 企画委員会報告(企業訪問)

開催日:平成30年9月13日(木) 19:00~21:00
会 場:株式会社キョーワ
参加者:福田、一美、高野、梶、高橋、山田、田中、山下、永田、大野、日吉 計11名(敬称略)

9月度の企画委員会は株式会社キョーワさんに企業訪問しました。創業以来、こだわり続けている『創造』への挑戦がキョーワさんの『ものづくり』の原点であると熱く語る福田さんに参加者も自然と前のめりに工場見見学をさせていただきました。
工場見学

工場見学

リーマンショック以降、経営環境が厳しい中において高度化する顧客ニーズに応える為に約4億円の設備投資を行い1000tメカプレスの導入をし受注を増やしたそうです。
中・長期的経営ビジョンを持ち大胆かつち密な計画で先行投資を行い確実に受注を増やし売り上げ確保に努めている経営手腕は素晴らしいの一言です。
委員会の風景

委員会の風景

その中でも「人材確保」、「内製率のアップ」など自社の問題点をしっかり把握し改善に努めており今後の飛躍が楽しみです。
経営トップの先見力や決断力など経営者として見習う点が多々あり非常に有意義な企業訪問でした。

文責
宣伝工房舎
日吉 龍彦

9月 共育委員会報告

開催日:平成30年9月13日(木) 19:00~21:00
会 場:有限会社弥生製作所
参加者:片野、片野さん奥様、藤原、楠、芹沢、萱沼、高田(ゲスト)、笹沼、浅田 計9名(敬称略)

旧工場から平成29年2月に現在の工場に移転した弥生製作所の片野ご夫妻を訪問して9月度共育委員会を行いました。形式に従って最初に工場見学から。旧工場の3倍の広さを確保したところ、既に新しい機械を設置するスペースが心配だともおしゃってました。
【工場見学の様子】
会社見学の様子

事務所まで見通せる場面

その後、ご夫妻からの報告を戴きました。
最初は片野社長からです。
社員さんからの質問が移転の切っ掛けになったそうです。
「うちの会社はこれからどうなるんですか?」と。
「後継ぎとして期待している息子が帰ってくるので、もうひと頑張りしよう」と移転を決断されたそうです。
営業強化を図って営業マンを増やしたが、社内でやり切れない状態になっている状態もその背景にあったそうです。

【会場の様子】
委員会会場の様子

その後、奥様(まづるさん)が経営者の妻らしい面を多く垣間見せて下さいました。
・今、自分ができることは何か?と考えるようにした。
・業務量が増大した後は、プロに任せられることはプロに任せる。
・補助金を獲得できるようにする。
・2時間有給制度を整え、通院等に社員さんが便利なようにした。
・マニュアル作成などを通じて、事業継承する「問題のない会社」にしたい。と将来の希望を語って下さいました。

【これが同友会らしさ?!】
これだけの内容を提供して下さったので、後は参加者で感想やら質疑応答やらで賑わいました。
特にゲスト参加の高田さんは独特な経歴の持ち主でした。9月例会にゲスト参加をお願いさせて頂きました。

投稿
有限会社イーコン 
笹沼 幸雄

第5回指針を創る会(暑気払い)

日時 2018/08/22 (水) 19:00~22:00
場所 四季彩菜 地酒地魚料理 三十飛
参加者 7名 浅田(博)、飯田、古嶋、齋藤、高橋、辻本、羽野(敬称略)
201808-sisin01.jpg

去る8月22日に第5回目の支部指針を創る会を開催しました。今回は参加者同志の懇親を深める目的で大手町の三十飛にて開催しました。
201808-sisin03.jpg

次から次へと出されるいろどりゆたかな料理とお酒に、舌鼓を打ちながら近況報告など通して、今後後半に向けての委員会活動に弾みがつく時間となりました。
201808-sisin02.jpg

寄稿
羽野 佳明 氏

8月 共育委員会報告

日 時:8月30日(木)19:00
場 所:サンウェル3階
出席者:9名
講 師:笹沼幸雄((有)イーコン)さん

笹沼さんにパワポスライドを用意いただき、テーマ「共育(ともそだち)について皆さんで学んでみましょう。」サブテーマ「共育ってなに?何して良いのかわからない。」と題して、ディスカッションを行いました。
【事前準備万端の浅田委員長】
201809-kyou01.jpg

共育の目的は何だろうか? 共育の手段とはなんだろうか?
皆さんはどう思いますか。 講師の、この投げかけから討論がスタートしました。
【突拍子もない問いかけに、戸惑いながらも答える参加者さん】
201809-kyou02.jpg

-----日頃、わかっているようでいて、質問されると即答に窮する問いかけかもしれません。
出席者は、「んー・・・」と考え込みながら、思い思いの切り口で自分の考えを述べました。

「社員の教育と経営者の教育とがぴったり合った時に会社が成長する。」
「ともに育つこと。手段は、コミュニケーションかな。」
「自分を作ること。楽しむことかな。」
「会社の繁栄のためのもの。社風に合った方法とレベルに合ったものでないといけない。」

「社長の目標と、社員の目標を一致させること。」
「自分が主役だ、と社員が感じるような組織を目指したい。」
「ダメでもいい、全力を出そうよ!と社員に呼びかけている。」
「給料日には、社員と面接をして明細を渡している。一人30分くらい、仕事のことも家族のこともいろんなことをノートに書き留めながら話しをしている。仕事を任せるようにしていて、いまは止めたいという社員はいない。」

201809-kyou03.jpg

更に具体的な事例として、
「どうしたら会社がよくなるか、社員に感想文を書いてもらいディスカッションをしている。」
「個人面談、喫茶店に行って毎月一人1時間ほど。」
「モーニングスタディ。毎週金曜日あさ7時から、それとBBQも。」
「社員たちと泊まりの忘年会、個人目標の発表会も。」
「毎年社員旅行をやっている。ほとんど参加するよ。」
「飲み会や食事会もコミュニケーションのひとつではあるが、飲み食いしなくても共育は成立すると思うよ。」

講師は、「共育とは、相互に学び、楽しみ悲しみあえるしくみ、状態のことをいう。自分一人ではない。会社に利益が残らないと、教育もできないよ。社長の一番大切な仕事、それは値決め。」と結びました。

【終盤にはホワイトボードも、こんな感じに。時間があればもっと深堀り出来ました。】
201809-kyou04.jpg

共育委員会らしいテーマで、じっくり考え、互いの意見を聞きあえる、いい勉強会でした。
文責:水田裕文(トライ・カンパニー)
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
   検索システム   支援システム   入会案内
リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

静岡県中小企業家同友会 沼津支部

Author:静岡県中小企業家同友会 沼津支部

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
月別アーカイブ