10月の共育委員会

(株)日本ベルト工業 「事業承継と値決め」
2018年10月24日 19:00~
参加人数 9名

10月の例会は、(株)日本ベルト工業様を訪問し、藤原会長様にお話しをしていただきました

工場見学の様子
201810-kyouiku01.jpg

201810-kyouiku02.jpg

普段日常生活ではお目に掛かることの出来ない、工業用のベルト製品を説明する藤原会長
1品1品が特注である特殊性が、(株)日本ベルト工業さんの大きな強み

次に「8月の共育委員会を振り返って」という題目で、(有)イーコンの笹沼さんにポイントを挙げて頂きました
201810-kyouiku-furikaeri.jpg

① 値決めができていますか?
② その内容は身の丈に合っていますか?
③ 喜び合える仕組み(共育)はどのような行動でしょうか?
この3つの問題提起がその後のバズセッションで大きな意味を持ちました

 
発表者_藤原会長
事業承継と値決め

―事業承継―
(株)日本ベルト工業さんの事業承継は順調に進んでいます
藤原会長に良かった点を話して頂きました
1) 外の飯を食わせる
2) 自分とは違う畑を歩ませる(創業者職人⇔後継者営業)
3) 営業1本やりではなく、現場にも積極的に関わる
4)あまり口を出さない方が良いかな!?
5)(株)日本ベルト工業さんの営業さんたちは全て現場のたたき上げ
ほかの会社の営業マンが機械の下に潜らないのを進んで潜り込む

*差別化がしっかりと出来上がっている良い事例ではないでしょうか

―値決めー
201810-kyouiku-negime.jpg
(今回のバズのメインテーマになりました)

*¥100のものを¥80ではなく、¥100で売り、利益をしっかりと確保する。利益が無いと社員教育もままならない
*価値の説明 ¥100のものが¥80や¥70にならないための説明
*価値を見つけて値段を出す
*機械の下に潜りこむことも「価値の創造!」

「バズででた活発な意見交換」
*値下げにおいて、譲らないことへの説明
*値決めで自らが決められることは売上ではなく、仕入である
*安いところは受けない
*ばらつきのある価格体系を見直した「最低価格の構築」
*断ることにおいても、しっかりと説明をした
*半年・1年先の営業活動
*業界の常識にとらわれない、利益を生む仕組みの構築
*原価の記憶
*原価計算の重要性を改めて認識した
*98%の成熟と、不便さ「2%」の解消のために多大な投資=だから存続する

藤原会長、出席者の皆さんお疲れさまでした
来月は「サツマ電機㈱ 梶川様」の企業訪問です 日時:11/13(火)

最後に私の気づき
伸びる会社はここが違う
201810-kyouiku-toire.jpg

トイレをお借りしての一コマでした

寄稿
カナデホーム (株)浅田建設 浅田佳宏 氏
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
   検索システム   支援システム   入会案内
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

静岡県中小企業家同友会 沼津支部

Author:静岡県中小企業家同友会 沼津支部

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
月別アーカイブ