2018年 沼津支部新年会

日時:2018年1月20日(土) 18:30~20:30
会場:ニューウェルサンピア沼津 
会費:3000円
参加者 会員27名 会員外6名
201801新年会01

今年の支部新年会は役員会が担当して開催されました。日吉さん、前田さん、大場さんを中心に
企画、運営、当初参加人数が伸びず、開催が危ぶまれましたが最終的には30名以上の方々に参加
して頂き無事開催されました。
201801新年会02

会場をニューウエルサンピア沼津とし、講師に地元在住の音楽家、田中みどりさんを招き、
講演と演奏を楽しみました。家族連れで参加の会員も何名かおり、いつもの例会とは一味異なる
和やかな雰囲気で、今年一年の勢いをつける支部新年会となりました。
201801新年会03

寄稿
羽野水産株式会社 
羽野 佳明 氏

沼津支部 新年イントロセミナー(組織委員会)

日 時: 平成30年 1月17日(水)19:00~20:40
場 所: 沼津商工会議所
報告者: 辻本企画 辻本光裕氏

同友会201801-04

本年最初のイントロセミナーが開催されました。委員会の皆さんの尽力も有りましてゲストさんが15名参加して下さいました。 
支部長挨拶の後、事務局から「同友会はどんな会なのか」を映像を使って丁寧に説明して頂きました。
【写真】1801沼津支部イントロセミナー (14)

その後、地域密着の便利屋さん!を掲げた辻本氏の報告がありました。
辻本氏の人柄がでた話し方と大変だった創業時から現在までのエピソード、同友会を通じて知り合った様々な方達との例会以外にも声を掛けて頂き、話の場を設けて頂いたこと、その中からいろんな助言を頂いた事など多岐に渡っての報告内容でした。
【写真】1801沼津支部イントロセミナー (15)

報告後はバズテーマ(グループ討論)『御社はどんな課題に取り組んでいますか?』
についてグループ毎にディスカッションを行い、2グループに発表していただきました。
【写真】1801沼津支部イントロセミナー (31)

【写真】1801沼津支部イントロセミナー (32)

最後に、ゲストさんの自己紹介で終了いたしました。

寄稿 有限会社 竹榮亭
ステーキとオリジナルサラダバーの店 毎日牧場
和田 光雄 氏

企画委員会 1月号(企業訪問)

日時:平成30年1月11日(火)19:00~21:30
場所:ビューティー岡本 沼津店
出席:9人
記念撮影

創業45年、3店舗を運営している岡本丸茂さんに、お話しを伺ってきました。
美容院として美の理論を大切に、お客様の目の色や骨格に合わせてスタイルを提案し、お客様からの支持を得て本当にその人に合っているスタイルを提案しているとのことです。
想像をかきたてる着物の影

美容院の業界としては、全体売り上げが下がっているなか、成人式や、七五三など、家族のイベントとして大切な日に美しい着付けを提供するために、京都に通い、着付けや本物の結いの技術を学び、他の店舗より価格が高くても、お客様に提供する商品の質で選んでいただき、その口コミが広がり着付けや記念日の写真撮影などでも、売り上げを伸ばしているそうです。
和装小物

美容院としてだけではなく、ビューティー岡本の経営の仕方だからこそ展開していけるものが、育っていっているように感じました。
現社長の岡本悦美さんとは違った切り口で、丸茂さんが作り上げていくビューティー岡本の素敵な片鱗が見える企業訪問でした。
スマイリング エレファント

歓談&おもてなし溢れる軽食

寄稿
シェ・ワタナベ
渡邊 隆太郎 氏

福祉委員会 新年号 (企業訪問) 社外に出ると良いことも・・・?!

会場:(株)日本ベルト工業
参加者:藤原、水田、田村(雅)、山下、岩崎、堀内、越膳、計7名

年始早々の委員会は企業見学ということで日本ベルト工業さんへお邪魔しました。
ミスター同友会である藤原さんの経営の熱い話は、本当にあっという間の1時間でした。
27歳で創業、67歳となった今、先日の指針発表会で代表を降りることを宣言、ちょうど40年の経営・・・。
201801-fukusi-01.jpg

タイヤチューブの加工から始めた独立当初から、人を雇うこをキッカケにベルトの加工請け開始。
雇用における苦労話から常に先を見据えた、時に直観的感覚も含めての戦略的事業展開を図ってきた話。
元請への転換の為にしがらみのない山梨に営業拠点を。
今や沼津本社と栃木県足利の2工場と山梨・千葉・横浜の3営業所へと発展。
数年後には沼津本社移転計画も・・・。
技術者による営業、製造・販売・施工の一貫受注など強みを活かしながら今後も更なる拡大を!

離職者が少ない、新卒採用も順調なことなど、今までに聞いたことの無かった内容もあって大変興味深く、我々のこれからの経営にも役立ちそうな事ばかりで、自然と始まった質疑応答もあっという間に1時間が経過し、2時間ではとても足りない非常に中身の濃いディスカッションにもなりました。
想像以上の有意義な学びの時間となっただけに年明け早々、かつインフルや風邪など病欠者もいて少ない参加者だったのが残念ですが、今後も身近なお手本として藤原さんから学んでいけたらと思いました。

寄稿
イーリード 越膳 氏

第9回 組織委員会

日時:平成30年1月9日(火)19:00~21::00
場所:サンウェル沼津3Fフリースペース
出席:10人

新年最初の組織委員会が行われました。
はじめにゲストの入会に向けての取り組みについて話し合い、
その後1月17日(水)のイントロセミナーのリハーサルを行いました。

               <委員会の様子>
201801-sosiki01.jpg

報告者は㈱辻本企画の辻本さんです。
辻本さんの聴く人を惹きつける独特の語り口調は、人柄の良さが表れた報告でした。
同友会を通じて知り合った方々の助言により、自社の大切なキーワードや自分の強みに
気付き、抱えていた不安や迷いを解消することが出来たそうです。
同友会の良さが伝わる、イントロセミナーにピッタリの内容でした。

寄稿
ブログ担当:不二高㈱ 高島氏

沼津支部 12月例会報告 副知事をお招きして

日時  12月20日(水)
場所  プラザウェルデ
参加者 55名
201712-reikai-01.jpg

伊豆半島創生という特命を受けて、3人目の副知事となった土屋氏を迎えて、静岡県として見ている伊豆半島地域の現状・伊豆半島地域における明るい兆し、今後の展望・沼津市周辺における県の取組・産業発展に向けた取り組み・地域活動組織との連携それに伴う支援など、今、県として何をやっているのか?伊豆半島地域(7市8町)が静岡市・浜松市に人口・面積・GDPにおいて比較しても遜色ないこと、韮山反射炉の世界遺産登録・東京オリンピック・パラリンピックの産業振興その後のサイクルスポーツを資産(レガシー)にする体制構築、等々の現状を具体的にお話し頂きました。
201712-reikai-02.jpg

今回は、土屋副知事の話を少しでの長く聞きたいとの思いからあえてバズセッションを行わず、参加者から質問状を出してもらい司会が代表して質問するという形式をとり、24件の質問状を回収し、内8件を回答していただき、どの質問にも丁寧かつ副知事としての意見を述べて頂きました。今後、同友会・各企業としてどのように関わっていけるのか、何をポイントに将来を考えればよいのか、沢山のヒントが出て来た例会となりました。
201712-reikai-03.jpg

寄稿
(有)松岡製作所 松岡 浩氏

一点物のロボット製作 企画委員会報告 12月(企業訪問)

日時:平成29年12月13日
場所:フリースタイルデザインズ株式会社
参加者:6名 實石、笹沼、一見、鈴木一輝、山下、高橋(敬称略)

12月の企画委員会は会社訪問で会員の鈴木一輝さんの会社、フリースタイルデザインズ株式会社に伺いました。
参加メンバーの近況報告後に工場を見学させてもらいました。

正直、鈴木さんてどんな仕事をしているのか分かりませんでした。
「3Dキャド」を使って・・・と言う所までは知っていましたが、どういう仕事なのかは見当もつきませんでしたが
今回の会社訪問で、ようやく理解できました。
DSC_0064企画委員会2

企業からの依頼に合わせて3Dキャドを使って設計、見積、そして生産ラインのロボットを組み上げ、お客様に納品する。
生産ロボットのオーダーメイド作成・・・とでも言えば分かりやすいでしょうか。
1点物の部品やシステムなど、企業のニーズに答える会社でした。
DSC_0061企画委員会1

企業からの引き合いも多く、忙しすぎて同友会にも参加がなかなかできないのが悩みだそうです。
来年度には人員を増やさなければ手が回らないとの事です。
鈴木一輝さん、ありがとうございました。
そして、頑張って下さい。

寄稿
有限会社高橋キーコーナー
高橋典雅 氏
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
   検索システム   支援システム   入会案内
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

静岡県中小企業家同友会 沼津支部

Author:静岡県中小企業家同友会 沼津支部

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
月別アーカイブ